停電したらどこに電話する?

落ち着いて行動しよう

おすすめリンク

最新のオフィスデザインとは?人気の理由に迫る

いま人気のオフィスデザインを調査!人気の理由には近年の仕事の在り方の変化にあった?

人と違う名刺はオンラインカード印刷でしよう

人とは違う名刺を作るならオンライン発注でカード印刷できる業者に頼もう!おすすめ業者を紹介します。

物流業界で働くなら電動ハンドリフトについて知っておこう

電動ハンドリフトは免許不要です。物流業界で働くならぜひ使い方や注意点を知っておきましょう!

煙突の破損を見つけたときに補修の是非を考える

煙突に破損を見つけた。そんなときの補修法としてどうするべきなのかをまとめました。

どこが停電しているのか

停電が起こったら、自宅だけなのかそれとも周囲も同じように停電しているのか確認してください。
街灯や信号機も完全に消えていたら、周囲一帯が停電していると判断できます。
その場合は、送電網を管理している送配電会社にすばやく連絡してください。
早く連絡することで、復旧も早くなります。
電気が使えないと様々な問題点が起こるので、いざという時にすぐ送配電会社に連絡できるよう準備しておきましょう。

自宅だけが、停電している時もあります。
その場合は大手電力会社では対応してもらえないケースが多いので、電気工事業者を呼びましょう。
またその前に、自宅のブレーカーを確認してください。
一気にたくさんの家電を使うと、ブレーカーが落ちてしまうことがあります。
それが原因で停電が起こっているかもしれないので、ブレーカーを上げればすぐに電気が復旧します。

大規模な停電が起こっている場合は、住民が一斉に電話をしていることが考えられます。
すると電話が繋がりにくくなるので、無理に電話をかけ続けないでください。
携帯電話を使っている時は、ずっと電話していると電池がなくなってしまいます。
停電が起こっている時は充電もできないので、携帯電話の電池を温存しておきましょう。
万が一停電が起こっても快適に過ごせるように、懐中電灯や電池で充電できるアイテムなどを用意しておくと安心です。
大きな災害でなくても、強風で電線が切れて停電が起こる可能性があると覚えておきましょう。

早く復旧できるように

停電している規模によって、連絡先が変わります。 自宅だけでなく近所の家や街灯、信号機も消えている場合は大手の電力会社や送配電会社に連絡するのが正しい方法です。 連絡が遅れるとずっと停電したままで、生活を送れなくなってしまいます。 できるだけ早く連絡しましょう。

ブレーカーが落ちていないか確認

停電しても、周囲の家や信号機は普通に点灯していることがあります。 その場合は自宅の電気設備に問題が起こっている可能性が高いので、地元の電気工事業者をすぐ呼んでください。 大規模な停電のように、大手電力会社に連絡しても対応してもらえないことが多いです。

電話が繋がらない時

何回連絡しても、大手電力会社や送配電会社に連絡できない時があります。 その際は、一旦電話をやめてください。 特にずっと携帯電話で連絡し続けていると、電池がなくなってしまいます。 また停電が起こった時のために、事前に必要な用意をしておくのも対策になります。