落ち着いて行動しよう

>

ブレーカーが落ちていないか確認

電気工事を行う業者

周囲の家で停電が起こっていない時は、自宅の電気設備にトラブルが起こっています。
その時に大手電力会社に連絡しても無駄なので、電気工事業者を呼んでください。
トラブルが起こっている部分を修理してもらえば、電気も復旧します。
探すと電気工事業者がたくさんいるかもしれませんが、どこに連絡すれば良いかすばやく決めなければいけません。

相場ぐらいの価格で対応してくれることや、実力をしっかり持っていることなどが条件になります。
人気のある電気工事業者を利用しても良いでしょう。
誰も利用していない電気工事業者や名前を聞いたことがないところは、正しい工事をしてくれるかわかりません。
相場以上の料金を請求されるトラブルが起こることもあるので、気を付けましょう。

まずはブレーカーを確認

ブレーカーが落ちているだけだったら、自分でも簡単に復旧させられます。
その場合はブレーカーを上げれば良いので、自宅だけが停電してしまった時は最初に確認してください。
住宅の中でブレーカーは、高い位置に備えられていることが多いです。
復旧させる時は脚立を使う人もいますが、転落しないように注意してください。
家族がいる場合は、脚立を家族に支えてもらえば安心ですね。

また昼間に停電した場合は電気を付けなくても明るいので、周囲を確認しながら作業できます。
しかし夜間に停電した場合は、暗い中で脚立を持ち出しブレーカーを上げなければいけません。
周囲が暗くなると一気に危険性が高まるので、落ち着いて慎重に作業を進めましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ